外国人実習制度とは

外国人技能実習制度

外国人技能実習生在留資格について

趣 旨

 

外国人技能実習制度は、外国人が我が国の企業等において、その進んだ技術、技能または知識を習得し、帰国後習得した技術等を生かして活躍し、その国の経済発展や技術の進歩に寄与するための人材育成を通じて、我が国が国際貢献することを目的とした制度です。

 

外国人技能実習制度

技能実習1号とは

 

外国人技能実習生度では、入国1年目の技能実習生の在留資格は、技能実習1号(入国1年目) となります。

 

技能実習2号とは

 

技能実習生は、技能実習1号終了時に移行対象職種・作業について技能検定基礎2級等に合格、在留資格変更許可を受けることで、更に最長2年間の企業実習の延長が為されます。
又、1号と2号は同じ実習実施機関・同じ技能等と定められてます。

※技能実習制度は団体監理型、企業単独型とに分かれます。
 団体監理型の場合は1年目が「技能実習1号ロ」、2~3年目が「技能実習2号ロ」となり、
 企業単独型の場合は1年目が「技能実習1号イ」、2~3年目が「技能実習2号イ」となります。

Copyright 2016 公益社団法人タハラ国際人材交流協会. All Rights Reserved.